キーワードから検索

第55回北海道障がい者スポーツ大会を東胆振で開催しました!

2017.7.10(月) 開催報告

55回目となる北海道障がい者スポーツ大会を、苫小牧市をはじめ東胆振の5市町において、7月9日(日)に開催しました。大会当日は、30℃を超える真夏日となりましたが、選手たちは、それぞれの競技会場で、最高のパフォーマンスを発揮し、スポーツの一日をエンジョイしました。

 

陸上競技が行われた苫小牧市緑ヶ丘公園陸上競技場では、午前9時から開会式が始まり、選手を代表して、地元である苫小牧市の井上政一選手が力強い選手宣誓をし、10時からトラックとフィールドで同時に競技がスタートしました。

 

団体競技は5会場に分かれ、車椅子バスケットボールは苫小牧駒澤大学体育館(苫小牧市)、バスケットボールは白老町総合体育館(白老町)、フットベースボールはあつまスタードーム(厚真町)、ソフトボールは柏が丘球場(安平町)、サッカーは鵡川中学校グランド(むかわ町)で、熱戦が繰り広げられました。

 

来年の大会は、7月22日(日)に、空知管内の岩見沢市と美唄市の2市合同で6競技が開催される運びになっています。全道の障がい者アスリートの皆さん、是非、次期大会にもご参加ください。空知の地で、またお会いしましょう。

  • 陸上競技
    陸上競技
  • 車椅子バスケットボール
    車椅子バスケットボール
  • バスケットボール
    バスケットボール
  • サッカー
    サッカー
  • ソフトボール
    ソフトボール
  • フットベースボール
    フットベースボール

スポーツ大会最新情報PAGETOP