キーワードから検索

講習会概要

本道の障がい者スポーツ指導者の育成を図るため、日本障がい者スポーツ協会公認の「初級障がい者スポーツ指導員養成講習会」を年1回開催しています。道内における地域別の登録者数データです。

 

市町村別登録者数一覧

 

日本障がい者スポーツ協会では、公認指導者制度を制定し、国内における障がい者のスポーツの普及と発展をめざし、障がい者のスポーツ環境を構築する上で必要な人材の養成並びに資質向上を図るための研修事業を行なっています。公認障がい者スポーツ指導員の種類、役割、資格取得条件は、次のとおりです。

 

 

初級障がい者スポーツ指導員

地域で活動する指導者で、主に初めてスポーツに参加する障がい者に対し、スポーツの喜びや楽しさを重視したスポーツの導入を支援する者。

 

【受講資格】
 受講年度の4月1日現在で18歳以上の者。

中級障がい者スポーツ指導員

地域における障がい者スポーツのリーダーとしての役割を持ち、指導現場で充分な知識・技術と経験に基づいた指導ができる者。

 

【受講資格】
初級障がい者スポーツ指導員資格を取得して、2年以上経過している者で、かつ80時間以上の活動経験を有する者。又は、日本体育協会公認スポーツ指導員資格(スポーツリーダーを除く)を取得し、初期登録から3年以上の指導経験を有する者。

上級障がい者スポーツ指導員

都道府県レベルのリーダーとして、指導現場では障がい者スポーツの高度な専門的知識を有し、指導技術と豊富な経験に基づいた指導と指導員を取りまとめる指導的立場になる者。

 

【受講資格】
中級障がい者スポーツ指導員資格を取得して、3年以上経過している者で、かつ120時間以上の活動経験を有する者。

初級障がい者スポーツ指導員養成講習会は、各都道府県において実施していますが、中級および上級の講習会は、日本障がい者スポーツ協会が実施します。