キーワードから検索

障がい児者スポーツ団体の助成決定通知書授与式を行いました!

2019.6.20(木) NEW!

北洋銀行様のご協力により、道内を拠点に活動する障がい児者スポーツ団体に助成を行う事業は、本年で5年目を迎えますが、かでる2・7の会議室において6月19日(水)に、助成決定通知書の授与式を行いました。


授与式には、北洋銀行の石井純二会長のご出席を賜り、当協会の相馬秋夫会長から助成先団体の各代表者に決定通知書を授与いたしました。


このたびの助成先となった9団体は、本年の5月に開催した審査会において、助成希望の応募のあった21団体から選考された団体であり、1団体につき10万円が助成されます。


本道において障がい児者スポーツを普及振興するためには、活動の母体となるスポーツ団体の活性化が必要になりますが、法人格を有し、安定的な財源を確保できている団体は極少数であり、多くの団体は、活動費の捻出に日々苦労されているのが現状です。


本事業の助成金が、スポーツ団体の活動の一助になることを願うばかりです。


今年度の助成先の9団体は次のとおりです。


一般社団法人札幌市障がい者スポーツ指導者協議会(札幌市)、釧路湿原全国車いすマラソン大会実行委員会(釧路市)、北海道ボッチャ協会(岩見沢市)、北海道ハンディキャップ水泳連絡協議会(千歳市)、札幌デフ・カーリングクラブ(札幌市)、特定非営利活動法人あ・りーさだ(夕張市)、一般社団法人旭川緑が丘スポーツクラブ(旭川市)、旭川レクボッチャチームRBC000(旭川市)、NPO法人みんなのポラリス(帯広市)