キーワードから検索

パラリンピックを目指す基礎体力測定会のご案内について

2020.10.13(火) NEW!

日本障がい者スポーツ協会では、世界で輝く未来のアスリートを発掘する「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト事業」を行っており、「自分の可能性をもっと試したい」、「スポーツで世界に挑戦してみたい」、「今やっている競技以外にも挑戦したい」など、高い意欲を持つ選手の夢を応援しています。


測定会の結果や面談等を通じ、競技団体から推薦を受けた選手は、トップレベルの指導者による1年間のトレーニングプログラムに参加できます。自分に適した新しい競技に出会うチャンスでもあり、新たな可能性にチャレンジすることができます。

1年間のプログラム終了後、有望者には競技団体の強化・育成コースへの道も開けており、将来パラリンピック日本代表を目指す次世代の選手や他競技に挑戦するアスリートを支援するプロジェクトとして注目されています。


基礎体力の測定を行うパラリンピック競技測定会は、全国7ブロックで行われ、北海道・東北ブロックの測定会は、12月20日(日)に宮城県総合運動公園で実施されます。参加料は無料で、参加者および介助者(保護者等)の合計2名分の旅費(交通費・宿泊費)が支給されます。


実施要項およびチラシをご覧の上、12月4日(金)までに、専用オンラインシステムによりご応募ください。